対象:小3~小6年生(受験コースは4年生から)
□中高一貫適性検査受験対策コース
□国立大付属中・難関私立中受験対策コース

 帰国生入試はもちろんのこと、適性検査や難関国立大付属校合格のための知識習得と実践演習学習を行い、完成期へと導きます。基本的に中学受験は4年生から学習を始めることが一般的です。各学年レベルに合わせたカリキュラムを実施することで、合格の実現を一歩ずつ確実にしていきます。また個別指導ならではですが、5年生6年生からの受験勉強も応援致します。それぞれの現状と目標を明確にし、合格へのカリキュラムを実施することで、目標達成を目指します。

◆国語
 非常に難解な読解演習が必要です。また、知識についても中学生レベル以上のものが要求されるため、受験用のテキスト使用し、知識の習得と読解演習の両方をバランスよく行います。また知識の習得にはある程度の時間が必要になりますので、なるべく早く学習を始めることをお勧めいたします。
 演習に関してはまずは小学校6年生までの基礎をできる限り早く終わらせることが第一目標です。次に受験用のテキストで演習を積み、完了し次第受験校だけでなく様々な学校の過去問にも触れていくことで実力を養成します。特に指導要領の変化に伴い年々様々な出題形式が生まれています。どんな問題が出てきても対応できるような自信が持てるよう、徹底的に演習を行います。

◆算数
 最近では教科書にも受験知識が載るようになってきました。それだけ思考力を追求した教育改革が進んでいるということでしょう。しかしながらそれらの問題レベルでは到底受験で結果を出すことは望めません。
 国語と同様にまずは小学生内容をなるべく早く終わらせることができるようカリキュラムを進めます。それが完了したら受験の知識の習得です。特に特殊算や図形の問題では中学生・高校生レベルの知識が問われることもしばしば。パターン演習で様々な出題形式を押さえます。最後は仕上げとしてあらゆる過去問で徹底演習です。算数はどこまでパターンを朝得ているかが重要です。設問を読んだ瞬間に解法パターンが思いつくレベルになるまで、やりこみます。

 

■月例テストと実力模試

 日々の学習を確認するために毎月行う月例テスト。日本文科省指導要領に合わせて作成された月ごとの学習単元の確認テストです。1年を通して受験することで学年の得意単元、不得意単元の明確な指標にもなります。実力試験は中高一貫校適性検査模試と科目別受験型模試の2種類を実施します。各特別講習会の時期と6年生までは定期的に行います。 

□進学対策コース
 

 私立中学校を受験せず、バンコク日本人学校の中等部、インター校または本帰国後に日本の公立中学校へ進学予定の子どもたちを対象にしたコースです。
このコースでは、主に基礎学力の向上を目指しますが、目標学力によってさらに2つのコースに分かれております。

 

■ベーシックコース
 基本を徹底的に身に付けて頂くためのコースです。復習内容が主軸となり、各教科の土台固めをしていくことが目的となります。
対象目安:未履修単元がある、もしくは学進についていけない~偏差値50程度まで

 

◆国語
 読解をしていくための知識を正しく身に付けていくところから着実に取り組みます。
 学力レベルに合わせてひらがなやカタカナから始まり、漢字の読み書きや言葉、短文つくりなど、国語力の基礎固めに注力します。
 ただ、読解問題に取り組むだけの従来のテスト勉強のための国語ではなく、日本語として正しい国語力を身に付けることを第一目標にしています。
 母国語の習得は10歳までが重要といわれていますが、だからこそ苦手な子どもたちにはじっくりと国語に向き合っていただきます。時間はかかりますが、日本語の土台を作るための大切な学習です。
 もちろん毎月行う実力模試で偏差値を随時チェックしておりますので、ご要望に合わせて国語読解演習や得点力アップのための解法なども扱います。

◆算数
 小学生のうちに学ぶべき単元を確実に確認していくための学習をベースにしています。基本的に応用演習は行わず、各単元の内容理解を深め基本問題レベルを自力で解くことができる状態を作ることが目標です。


算数が苦手な子供たちには以下の特徴が挙げられます。
・基本計算が定着していない
・各単元の内容をそもそも理解できていない
・前提として苦手意識が強くある


 従って、このコースでは徹底的に基本の反復を行うことで各単元の知識を定着させます。また、毎時間基本計算の確認を行うことで、基礎計算力の向上も図ります。そして、基本の積み重ねによる小さな成功体験を重ねることで、算数に対する苦手意識を克服し、学習意欲を高めていくことが狙いです。
 国語と異なり、どこが出来て出来ないがはっきりとする科目ですので、その時々の状況に合わせてカリキュラムを進めます。

 


■アドバンスコース
学習の基礎が出来ており、さらなる学力アップを目指すためのコースです。
基本演習からハイレベル演習まで様々な演習問題に取り組み、進学した際にトップレベルの成績を目指すための学習に取り組みます。
対象目安:偏差値50以上(偏差値60以上については、受験の有無にかかわらず受験コースの受講をおすすめします)

 

◆国語
 漢字やことわざなどの知識を学びながら、読解演習を中心に得点力アップを目指します。
 また、文章読解に取り組みながら要約や作文などにも取り組むことで、総合的な国語力アップを目指します。
 国語は一人では勉強しにくく、人によってはセンスで片付けてしまう時さえあります。確かに感性が豊かな方が解きやすいものもありますし、課題文によって解きやすい解きにくいなど言われることもあります。
しかし、教科としてテストが行われる以上、明確な解法が存在します。
 他教科と比べると、読解においては覚えることが少なく達成感も少ないですが、正しく解法の公式を学ぶことで、安定した得点を望めるようになるものです。
 このコースではただ単に説明を聞くだけではなく、自ら考え解法を学ぶことで、国語という科目に対しての安定した学力向上を目指します。また、最終的には小学校卒業までに中学1年生内容中盤程度まで進める事が進度目標です。

◆算数
 教科書レベルを確認ベースとしながら、応用力を身に付けることを目指します。
 学習指導要領の改訂により、知識よりも理解力や読解力重視の設問が増えてきました。このため、従来のように知識を当てはめていくだけの学習ではなく、いくつかの知識を活用して様々な角度から問題を分析し、解法を見つける能力が必要となります。そしてそれらを限られた時間の中で正確に行うためにはかなりの量の反復演習が必須です。
 従ってアドバンスコースでは、比較的演習量の多いテキストを採用し、様々なタイプの問題に慣れることで実力を養成します。


 

​基本を身に着けるためのテキストです

| 会社案内 |​ リンク | サイトマップ |

 

  ASESU ASIA CO., LTD.

FIFTY FIFTH PLAZA Building Sukhumvit 55Rd Wattana Bangkok 10110 THAILAND
Copyright (C) 2018  ASESU ASIA CO., LTD.. All Rights Reserved.