top of page

無料学習相談、随時受付中!

タイではだいぶ落ち着いてきたコロナウィルス。


段階的に規制が緩和されてきてはいますが、正常化されるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

そして教育環境はコロナの影響を最後まで受け続け、そして正常化したあとも尾を引くこととなるかと思います。


5月に入りバンコク日本人学校でもついにオンライン授業が始まりました。

限られた環境の中で、先生方もできる限りのことをして頂いていると思います。


しかしながら、その中身が満足できるものかというとそうではありません。

これは日本人学校だけでなく、インターや学習塾においても同様です。

しっかりとした準備が出来ていない中、無理やりオンラインの環境を求められてしまったのでこれは仕方がないことです。

従って結論としては、それぞれにできる精一杯をするしかない状況だと言えます。


そして子どもたちも先生も、すべての人が初めての環境に立たされたために

様々な不具合が出てきている事実を認めなければなりません。


例えば日本では、非常事態宣言が継続される中で学校が始まっている地域、通常通り塾を開校している地域などが多く存在します。

さらに受験生に関して言えば、どれだけ環境が悪かろうと受験は等しく訪れます。


バンコクに住む皆さんは、状況が違うにも関わらずに日本の学生と同じ舞台で戦わなければなりません。


ですからそれぞれが現状を振り返り、今後を見据えた環境作りが必要です。

そのために何か気になることやお困りごとがありましたら、遠慮なくご相談ください。


オンラインでも教室でも対応させていただきます。


少しでも皆様のお力になれることがあれば幸いです。

閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

インター校に通う子どもの国語力【パノーラおやこ相談室2024年6月号】

【ご相談】 小学生の子どもをインター校に通わせています。将来のために国語の能力をある程度のレベルまで高めたいと思い、自力で日本の教材を買ったりしながら家庭学習に努めています。日本語の文章の読解力などもさることながら、日本語の文法問題を特に苦手としているのが少し気になっています。品詞の分類などは親の私自身も怪しいところがあるし、特に気にしないでもいいかな? と思う一方、やはり何とかしたいという思いも

5月下旬・6月上旬の休校日のお知らせ

あせすトンロー個別学習院では、年間スケジュールに基づき、以下の日を休校日としております。 5/30(木)~6/4(火) 休校日期間のお問い合わせについては翌日以降に順次ご対応させていただきます。

【インター生対象】2024夏期講習

早くも2024年も半ばです。インターナショナルスクールでは6月に現年度が終わり、一年で最も長い休みの期間に入ります。 日本人学校に比べてインター校は春休み、冬休みにあたる期間が短く、まとまった時間を確保することができるのはこの夏休みのみになりがちです。 あせすトンロー個別学習院では、インター生対象の夏期講習を行っています。 ・日本のカリキュラムのキャッチアップが全然できてないけど大丈夫かな? ・限

Comments


bottom of page