室長木原のひとりごと Vol.8


前回に引き続き、サッカーW杯のネタで。6月28日(木)に日本対ポーランド戦が行われ、0-1で負けはしたものの、僅差で決勝トーナメントに進出しました。前回に紹介した、初戦に勝つと予選突破確率は85%というデータ通りとなりました。試合の日は仕事を終え家に帰り、後半からの観戦でした。ご覧になった方も多いかと思います。


引き分け以上で予選突破という条件。負けても他カードの結果次第で上がれるという条件。0-0でこのまま引き分ければと思い始めた頃、ポーランドに先制を許します。なんとか点を取って引き分けに持ち込んでくれと祈るような思いで観ていましたが…。残り10分くらいになって、まさかのパス回し…。えっ!!点取らないと上がれないよ!!と、意味不明でしたが、コロンビアのおかげで決勝トーナメントに進出しました。私の友人は、パス回しを始めた日本戦を観ず、セネガル・コロンビア戦でコロンビアを応援していたそうです。


勝負の厳しさ、結果が全て、と言えばそれまでですが、単純に観ていて楽しくはなかったです。しかし、勝負事はそれくらいの非情さも必要なのかなとも思います。


まさに賛否両論。次の日に議論しあった方々もいらっしゃるのではないでしょうか?白黒をはっきりつけることが難しい、今の世の中を象徴しているような出来事です。今年の大学入試に小論文のテーマとして出題されるかもしれません。

t

最新記事

すべて表示

コロナについて徒然なるままに

3月17日から休校対応が始まり ロックダウンに入ってからもうひと月が経ちました。 タイでは少しづつ終息の兆しが見え始めましたので 現状を踏まえて徒然なるままに書いていきます。 ※あくまでも個人的な意見ですので、あせすトンロー個別学習院とは関係ありません。 本日4月22日現在、タイ国内でも少しづつ終息の兆しが見え始めました。 まだ確定情報ではありませんが、来週の28日頃に5月に関するアナウンスが発表

休校中・オンライン授業期間中の家庭学習について

タイでは少しずつコロナの脅威が小さくなってきましたが、いまだに自粛ムードが続く現在 皆様いかがお過ごしでしょうか。 以前に比べてお友達と話す機会はもとより外出の機会も激減し ストレスを抱えてらっしゃる方も多いかと思います。 3月17日に各学校当が正式に休校措置となり 早いもので間もなくひと月が経とうとしています。 正常に戻るまでにもう一月ほどはかかりそうな状況ではありますが 教育に携わる人間として

コロナウィルス対応について

先日の3月17日(金)に、タイ政府より正式に教育機関に対する休校措置の命令が下りました。当校においても可能な限り開校の調整を致しましたが、この度の決定には教育機関としての社会的義務を全うするとともに、万が一開講して重いペナルティを課せられた場合に皆様により大きなご迷惑をおかけしてしまう可能性を考慮し、正しく受け入れることといたしました。 これに伴い、あせすトンロー個別学習院でも3月31日まで特別休

| 会社案内 |​ リンク | サイトマップ |

 

  ASESU ASIA CO., LTD.

FIFTY FIFTH PLAZA Building Sukhumvit 55Rd Wattana Bangkok 10110 THAILAND
Copyright (C) 2018  ASESU ASIA CO., LTD.. All Rights Reserved.