top of page

室長木原のひとりごと Vol.5


先日、第一生命から今年で31回目となる恒例の「サラリーマン川柳コンクール」のベスト10が発表されました。市民から作品を募り一般投票により決定されました。世の中をコミカルにあるいは自虐的に、時にはチクリと風刺を効かせた、サラリーマンたちの悲哀のこもった川柳。その中からサラリーマンたちの心の叫び?TOP5をご覧ください。



TOP5 作品(雅号/年代/性別)


1位『スポーツジム 車で行って チャリをこぐ』(あたまで健康追求男/60代/男性) 2位『「ちがうだろ!」 妻が言うなら そうだろう』(そら/40代/女性) 3位『ノーメイク 会社入れぬ 顔認証』(北鎌倉人/50代/男性) 4位『効率化 進めて気づく 俺が無駄』(さごじょう/30代/男性) 5位『電子化に ついて行けずに 紙対応』(トリッキー/50代/男性)


おじ様おば様たちの悩みがひしひしと伝わってくるようです。健康面や家庭内、コンピュータの最新機能についていけない不安…。とか言いながら、自分も今年43歳になります。他人事ではありません。



かつての教え子の家訓にこんなものがありました。


『一生、勉強 一生、青春!!』


時代の変化を感じながらも、その変化を楽しみながら前向きに受け入れる。人生、山あり谷ありですが、それが出来ればきっと幸せな人生なんだろうなと思います。50歳になってもおじいちゃんになっても、「今、青春してる!!」と笑顔で言いたいなと思います。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

インター校に通う子どもの国語力【パノーラおやこ相談室2024年6月号】

【ご相談】 小学生の子どもをインター校に通わせています。将来のために国語の能力をある程度のレベルまで高めたいと思い、自力で日本の教材を買ったりしながら家庭学習に努めています。日本語の文章の読解力などもさることながら、日本語の文法問題を特に苦手としているのが少し気になっています。品詞の分類などは親の私自身も怪しいところがあるし、特に気にしないでもいいかな? と思う一方、やはり何とかしたいという思いも

今夏の本帰国後は大丈夫?【パノーラおやこ相談室2024年5月号】

【ご相談】 インター校に子どもを通わせています。まもなく夏休みが来ます。子どもが通うインター校では、長期休み中に課題が出されることもなく、かなりのびのびと自主性に委ねられている印象です。うちの子は好きな科目は自主的によく勉強してくれるのですが、算数の問題を解くのがやや遅く、今後数年の間に日本に本帰国したあとに学校の勉強についていけるかな? と心配しています。 【ご回答】 インター校にお通いの方にと

バンコクへ転勤!勉強はどうすれば...【パノーラおやこ相談室2024年2月号】

【ご相談】 今春から家族と一緒にバンコクに赴任することとなり、家族より先に現地入りして情報収集をしています。住居、医療と並び、気になるのは子どもの教育問題です。小学校中学年の子どもを日本人学校に通わせることになりますが、とても大きな学校だと聞いています。どれくらいの教育レベルなのかもまだよく分からず、「学習塾での補習が必要なのか?」「新環境に適応するために予習しておいた方がいいことはあるのか?」と

Comments


bottom of page