室長木原のひとりごと Vol.5


先日、第一生命から今年で31回目となる恒例の「サラリーマン川柳コンクール」のベスト10が発表されました。市民から作品を募り一般投票により決定されました。世の中をコミカルにあるいは自虐的に、時にはチクリと風刺を効かせた、サラリーマンたちの悲哀のこもった川柳。その中からサラリーマンたちの心の叫び?TOP5をご覧ください。



TOP5 作品(雅号/年代/性別)


1位『スポーツジム 車で行って チャリをこぐ』(あたまで健康追求男/60代/男性) 2位『「ちがうだろ!」 妻が言うなら そうだろう』(そら/40代/女性) 3位『ノーメイク 会社入れぬ 顔認証』(北鎌倉人/50代/男性) 4位『効率化 進めて気づく 俺が無駄』(さごじょう/30代/男性) 5位『電子化に ついて行けずに 紙対応』(トリッキー/50代/男性)


おじ様おば様たちの悩みがひしひしと伝わってくるようです。健康面や家庭内、コンピュータの最新機能についていけない不安…。とか言いながら、自分も今年43歳になります。他人事ではありません。



かつての教え子の家訓にこんなものがありました。


『一生、勉強 一生、青春!!』


時代の変化を感じながらも、その変化を楽しみながら前向きに受け入れる。人生、山あり谷ありですが、それが出来ればきっと幸せな人生なんだろうなと思います。50歳になってもおじいちゃんになっても、「今、青春してる!!」と笑顔で言いたいなと思います。

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナについて徒然なるままに

3月17日から休校対応が始まり ロックダウンに入ってからもうひと月が経ちました。 タイでは少しづつ終息の兆しが見え始めましたので 現状を踏まえて徒然なるままに書いていきます。 ※あくまでも個人的な意見ですので、あせすトンロー個別学習院とは関係ありません。 本日4月22日現在、タイ国内でも少しづつ終息の兆しが見え始めました。 まだ確定情報ではありませんが、来週の28日頃に5月に関するアナウンスが発表

休校中・オンライン授業期間中の家庭学習について

タイでは少しずつコロナの脅威が小さくなってきましたが、いまだに自粛ムードが続く現在 皆様いかがお過ごしでしょうか。 以前に比べてお友達と話す機会はもとより外出の機会も激減し ストレスを抱えてらっしゃる方も多いかと思います。 3月17日に各学校当が正式に休校措置となり 早いもので間もなくひと月が経とうとしています。 正常に戻るまでにもう一月ほどはかかりそうな状況ではありますが 教育に携わる人間として

コロナウィルス対応について

先日の3月17日(金)に、タイ政府より正式に教育機関に対する休校措置の命令が下りました。当校においても可能な限り開校の調整を致しましたが、この度の決定には教育機関としての社会的義務を全うするとともに、万が一開講して重いペナルティを課せられた場合に皆様により大きなご迷惑をおかけしてしまう可能性を考慮し、正しく受け入れることといたしました。 これに伴い、あせすトンロー個別学習院でも3月31日まで特別休

| 会社案内 |​ リンク | サイトマップ |

 

  ASESU ASIA CO., LTD.

FIFTY FIFTH PLAZA Building Sukhumvit 55Rd Wattana Bangkok 10110 THAILAND
Copyright (C) 2018  ASESU ASIA CO., LTD.. All Rights Reserved.