top of page

室長木原のひとりごと

今年度から「ひとりごと」と題して、旬な話題や受験の体験談など様々なテーマでひとりごちていこうと思います。毎週1回をペースにアップしていきます。ぜひお付き合い下さい。コメントを頂けますと幸いです。


2018年4月24日

4月になり新しいスタートを迎えました。新しい学校、学年、新たな習い事。大きく環境が変わった方も多いかと思います。期待と緊張と…。新たな目標を決めて一歩を踏み出す瞬間は気持ちが良いものです。

プロ野球では大谷翔平選手が大リーグに挑戦しました。投手とバッターの二刀流。当初は様々な意見が出ましたが、心配していたのは周りの人間だけだったようです。結果で周りの人を納得させました。まさに実力主義の世界です。大谷選手を見ると体も大きいし野球センスの塊だし、一般人とは持って生まれたモノが違うとつい嫉妬してしまいます。しかし、大谷選手が高校生の時にこんな「夢マップ」ならぬ「野球マップ」を書いていたのをご存じでしょうか?


急に体が大きくなったわけでもなく、急にプロの世界で活躍できるようになったわけでもありません。地道な努力をコツコツと積み上げてきたからこその成果です。一見すると野球とは関係がない、ゴミ拾いや部屋そうじもあります。些細なことが様々なものに影響を与えることを理解しているのです。細かな気遣いをしながら目標に向かって継続していくことの大切さ…。あせすで子ども達と共に実践していきます。





閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

インター校に通う子どもの国語力【パノーラおやこ相談室2024年6月号】

【ご相談】 小学生の子どもをインター校に通わせています。将来のために国語の能力をある程度のレベルまで高めたいと思い、自力で日本の教材を買ったりしながら家庭学習に努めています。日本語の文章の読解力などもさることながら、日本語の文法問題を特に苦手としているのが少し気になっています。品詞の分類などは親の私自身も怪しいところがあるし、特に気にしないでもいいかな? と思う一方、やはり何とかしたいという思いも

今夏の本帰国後は大丈夫?【パノーラおやこ相談室2024年5月号】

【ご相談】 インター校に子どもを通わせています。まもなく夏休みが来ます。子どもが通うインター校では、長期休み中に課題が出されることもなく、かなりのびのびと自主性に委ねられている印象です。うちの子は好きな科目は自主的によく勉強してくれるのですが、算数の問題を解くのがやや遅く、今後数年の間に日本に本帰国したあとに学校の勉強についていけるかな? と心配しています。 【ご回答】 インター校にお通いの方にと

バンコクへ転勤!勉強はどうすれば...【パノーラおやこ相談室2024年2月号】

【ご相談】 今春から家族と一緒にバンコクに赴任することとなり、家族より先に現地入りして情報収集をしています。住居、医療と並び、気になるのは子どもの教育問題です。小学校中学年の子どもを日本人学校に通わせることになりますが、とても大きな学校だと聞いています。どれくらいの教育レベルなのかもまだよく分からず、「学習塾での補習が必要なのか?」「新環境に適応するために予習しておいた方がいいことはあるのか?」と

Comments


bottom of page