パノーラ親子相談室 7月号

更新日:8月4日

こんにちは。

振返ってみると、告知以外の記事をあまり作成していないなと、反省がありました。。

そこで、普段お世話にっておりますパノーラ様にて、バンコクおやこ相談室に掲載している記事をこちらでもアップしていきたいと思います。


ものによっては、紙面の関係上載せきれなかった内容もありますので、

すでに本誌でお読みいただいた方もぜひお読みください。


質問やご相談は、お気軽にお問い合わせフォームよりお送りください。




今月のご相談

小学5年生の子どもを日本人学校に通わせています。うちの子はほとんどの教科をソツなくこなしていて、算数の成績さえ上がれば中学受験を狙えると思うのですが、なかなか良くなる兆しがつかめません。「この夏休みでテコ入れを!」と考えています。本人の苦手意識を払しょくするために、算数の中で何か一つでも得意分野を作りたいです。効率の良い学習方法はないものでしょうか?



あせすトンロー個別学習院の回答

苦手科目のほとんどは、学習してもできないわけではなく、苦手意識や学習方法に問題があることがほとんどです。

まず苦手克服のために考えて頂きたいのは、具体的になぜその科目が苦手なのかを正しく自覚することです。ここが曖昧な場合、漠然とした苦手意識が問題となります。また明確に苦手単元がある場合でも、そのほかの単元で習熟が足りないようであれば、本人の認識とは別に必要単元を強化することが大切です。

では、算数・数学に関して具体例を挙げて考えてみましょう。

改めて言うまでもありませんが、算数・数学ではとにかく基本計算力が最重要です。文章題でも関数でも図形でも最終的には計算して解を求めることが多いので、何となく苦手意識を抱えてしまっている場合、この計算で躓いていることがほとんどです。望む成果がでないというお子さんの多くは、ある程度できるレベルで次のステップに行こうとしてしまいます。すべての学習は基礎力次第ですので、ここは妥協せずに過去にさかのぼってでも確実に習得するようにしましょう。これが出来るようになってくると、それだけで少しずつ苦手意識が薄れていきます。また計算以外の単元で苦手が明確であれば、習熟度別のテキストを使用して段階的に改善しましょう。あせって今の実力以上の学習に取り組んでも、大きな効果は見込めません。

結論として、その子の「苦手」に合わせた学習を徹底することが重要です。当たり前だと思われるかもしれませんが、これが徹底できていない場合が多いのです。だからこそ私たちも普段の指導の中で、テキストやカリキュラムなど常に見直すようにしています。別指導塾では苦手科目のみの弊塾等も対応可能ですので、なかなか苦手が克服できないといったお悩みがありましたら是非一度ご相談ください。苦手科目が克服できるとそれだけでモチベーションがあがり、全体的に成績も向上しやすいです。現状よりもワンランク上を目指すために、苦手克服に真剣に向き合ってみてください。


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今月のご相談 「海外子女は日本国内で生活している子どもより国語が苦手になる」と聞いていたのですが、自分の子どもにもその傾向が見られます。中学校進学が迫ってきたので、小学生のうちに何とかしたいです。小学校の国語にはあまり文法の単元がないように思いますが、たまに出てくる「主語と述語の関係」といった問題が特に苦手です。国語の勉強は時間がかかるような気もしますが、何とかなるものでしょうか? ご相談への回答

今月のご相談 小学生と中学生の2人を学習塾に通わせています。夏休みも一時帰国せずに勉強していたはずなのに、特に中学生の息子は9月末の定期テストも苦労しそうで、本人たちに確認しても、2人とも今の状況に手応えがあるのかどうかよくわかりません。成果が出ないのなら出費はかさむものの、家庭教師に面倒を見てもらった方がいいのかも…と考え中です。学習環境を見直す時に注意すべき点を教えてください。 ご相談への回答

今月のご相談 小学校高学年の息子に少しずつ家庭学習の習慣を付けたいと思っています。学校の夏休みの宿題が少なかったので、勉強不足を補うために家庭学習用の問題集を買ったものの、取り組んでくれたのは最初の数日間だけ。結局、問題集はほぼ白紙で夏休みが終わりました。今年は久しぶりの一時帰国などもあり、習慣付けがむずかしい環境でしたが、それでも続けられた子もいることを考えると複雑な気持ちです。 今年の夏は約3