パノーラ相談室8月号【母国語としての日本語】

このコロナ禍を機に、ますます多くのお子さんがインター校に通われ始めた印象を受けています。バンコクでは特に小さいお子さんが多いので、今回のご質問と同様のお悩みを抱えていらっしゃるご家庭は多いのではないでしょうか。小学校低学年のお子さんについては、就学時にオンライン対応が主であったりしたことから、日本人学校に通われていても同様に不安なお気持ちがあるかと思います。ですので、今回は小学生、特に中学年以前のお子様向けにお答えしたいと思います。

まず大前提として、これはどの学年層にも当てはまることですが、塾に通っているだけでは基本的に学力は上がらないという事実を認識することが大切です。小学校高学年や中学生について、通塾だけで成果が出たと感じる場合もあるかもしれませんが、それは授業を通じて勉強に対する気持ちが向上し、集中力や吸収率に良い変化が起きたのだと思われます。ここについて考えてみると、塾の授業に加えて宿題や家庭学習、学校の授業など様々な要素が関わってくることが理解できると思います。しかしこれは、ある程度年齢が上がったうえで、数学等について起こりやすい変化です。まだ基礎を養い始めたばかりの低学年の子どもたちで、なおかつ母国語となると、なかなか同じようにはいきません。

では母国語としての国語の力を養っていくためにはどうするべきでしょうか。もっとも大切なことは、当たり前ですが日本語に触れる機会を増やしていくことです。これを実践しようとしたときに、どうしてもご家族の協力が必要となってきます。ですから私たちは普段から、授業を丁寧に行うことを前提に、ご家族との連携を大切にしています。授業でどのような取り組みをしているのか、何が問題なのか、ご家庭での様子はどうか、どうしていくべきなのかなど、保護者の方との密な連携によって、少しでもご納得いただけるような学習指導になっていくのだと思います。また母国語の読解力は10歳までが鍵とも言われています。生涯にわたる大切な能力を養っていくわけですから、今後もご家庭とのコミュニケーションを大切にしていきたいと考えています。

お陰様で当校では、多くの低学年の生徒さんたちが嫌がることなく、国語の勉強を楽しんでくれています。国語専門の講師が、ただテキストの問題を解くだけではなく、その子の能力に合わせた発問で総合的に国語の学習を進められるからでしょう。日本語としての国語の学習にご不安がある方は、ぜひ一度ご相談下さい。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

この夏はいかがお過ごしでしょうか? ここしばらくコロナの関係で自由な行動が難しい状況が続いていましたが、 ようやく様々な制限が解放されたこともあり、 多くの方が一時帰国やご旅行に行かれたことと思います。 まだコロナの猛威は完全にはなくなっておりませんので、 皆さま気を付けて楽しまれてくださいね。 さて、早速ですが第2回「漢字検定」のご案内です。 家庭で漢字にふれあう機会になればと考えておりますので

こんにちは。 振返ってみると、告知以外の記事をあまり作成していないなと、反省がありました。。 そこで、普段お世話にっておりますパノーラ様にて、バンコクおやこ相談室に掲載している記事をこちらでもアップしていきたいと思います。 ものによっては、紙面の関係上載せきれなかった内容もありますので、 すでに本誌でお読みいただいた方もぜひお読みください。 質問やご相談は、お気軽にお問い合わせフォームよりお送りく

早くも2022年度も半ばです。 この6月からは様々な規制も緩和され、一時帰国等のご予定もようやく出てくるかと思います。 皆さんこの2年間、コロナ禍と永き規制と戦ってこられましたので(まだ終息はしていませんが)、ぜひ思い思いの休暇を楽しんでください。 しかしながら子どもたちにとって、学習の継続は大切です。 メリハリをつけたスケジュールで、やりたいこととやらなければならないこととを うまく両立してくだ