【日本人学校生対象】夏期講習のご案内

更新日:8月13日


この7月からは様々な規制も緩和され、一時帰国等のご予定もようやく出てくるかと思います。

皆さんこの2年間、コロナ禍と永き規制と戦ってこられましたので(まだ終息はしていませんが)、ぜひ思い思いの休暇を楽しんでください。



しかしながら子どもたちにとって、学習の継続は大切です。

メリハリをつけたスケジュールで、やりたいこととやらなければならないこととを

うまく両立してくださいね。


そこで日本人生学校象の夏期講習をご案内します!


オンライン期間中の遅れがまだ目立つから取り戻したい!

第一回定期テストの結果が芳しくなかった。。。

・限られた時間の中で、必要な学習だけ集中して取り組みたいな。

・集団塾だと自分のスケジュールと夏期講習のスケジュールが合わない。。。

・すでに塾には通っているけど、苦手個所の復習だけしたい!

・休み中にもっと英語の知識を身につけたい!

普段は忙しいから、休み中に進路に向けて学習を進めたい!

・長期的にバンコクを離れるので、学習がストップしてしまう。この期間だけオンラインでできないかな?


以上のようなお悩み・ご相談がありましたら是非ご連絡ください。



夏期講習期間:2022年8月2日(火)~8月31日(水)

対象学年:小1~高3

対象科目:国語、算数・数学、英語、理科、社会、小論文

※時間割等は面談時に詳細をお伝えします。決まったコース・カリキュラムはありませんので、ご家庭のご都合に合わせて調整いたします。



随時お受付しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今月のご相談 「海外子女は日本国内で生活している子どもより国語が苦手になる」と聞いていたのですが、自分の子どもにもその傾向が見られます。中学校進学が迫ってきたので、小学生のうちに何とかしたいです。小学校の国語にはあまり文法の単元がないように思いますが、たまに出てくる「主語と述語の関係」といった問題が特に苦手です。国語の勉強は時間がかかるような気もしますが、何とかなるものでしょうか? ご相談への回答

今月のご相談 小学生と中学生の2人を学習塾に通わせています。夏休みも一時帰国せずに勉強していたはずなのに、特に中学生の息子は9月末の定期テストも苦労しそうで、本人たちに確認しても、2人とも今の状況に手応えがあるのかどうかよくわかりません。成果が出ないのなら出費はかさむものの、家庭教師に面倒を見てもらった方がいいのかも…と考え中です。学習環境を見直す時に注意すべき点を教えてください。 ご相談への回答

さて、早速ですが第2回「算数数学検定」のご案内です。 漢字検定や英語検定と比べると少し人気で劣るかもしれませんが、毎回算数や数学が好きな小中高生が受験してくれています。 日本人学校・インターを問わず、自分の力試しとしてぜひチャレンジしてみてください。 詳細は以下の通りです。 ※受験者が3名を満たない場合は実施が出来ません。ぜひご兄弟やお友達をお誘いの上ご参加ください。なお、実施不可の場合は全額を返